2005年08月24日

IXY DIGITAL 700 発表 (デジカメWatch)

観音さまの恒例、デジカメ新製品発表ラッシュの時期ですね。
上は普及価格帯でフルサイズセンサーを搭載した
デジタル一眼レフのEOS 5Dとか
プロ用機のマイナーチェンジ版のEOS-1D Mark II Nとかありますけど
個人的に注目したいのはIXY DIGITAL 700ですね。

IXY DIGITAL 700
IXY DIGITAL 700


基本的には現行のIXY DIGITAL 600のマイナーチェンジ版。
CCDやデザインはそのまんま。液晶がでかくなっただけ(2型→2.5型)です。
元々700万画素のCCDをのっけていたので型番がやっと追いついたという感じ。

ただし液晶大型化に伴い他社では光学ファインダを削減するところが多いのですが
今回光学ファインダをきっちりつけてきているところに
カメラメーカー、キヤノンのこだわりを勝手に感じたりしています。

さらに手ブレ警告表示時のみ、液晶モニターにシャッター速度が表示されるようになりました。
撮影時のシャッター速度表示はIXY DIGITALシリーズで初です。やっとかよ!

つまりキヤノンさんのメッセージとして
「手ブレ警告が出てシャッター速度が表示されるようになったら
液晶画面見て撮るのは控えて光学ファインダ使え(゚Д゚)ゴルァ!」
という気持ちがありありと読み取れますね。

シャッター速度が表示されないので今までこのシリーズは敬遠していたのですが
これはやばい、物欲がふつふつと…

ただ、液晶が大きくなった割には解像度が逆に低くなっているので
表示品質は悪くなっているかな…と。コスト削減でしょうか。
ケチったな、キヤノン。

あと手ブレに対しては相変わらず無策。
と思いきや十字キーの「↑」にISO感度選択になりました。
特に高感度耐性が強いわけではないのですが
少し明かりが足りないような状況では結構便利そうです。


ちなみに下位機種のIXY DIGITAL 55も液晶の大型化など
同じような感じでIXY DIGITAL 60へとマイナーチェンジ。

IXY DIGITAL 60
IXY DIGITAL 60


こちらは500万画素なのに…紛らわしい型番だこと。


ラベル:デジカメ canon
posted by つっくん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるキヤノン

キヤノン高収益復活の秘密
日本経済新聞社編
日本経済新聞社 (2001.12)
通常2〜3日以内に発送します。



デジカメを次々とモデルチェンジしてくる観音さま。
このモデルチェンジを細かく繰り返すことで価格下落を防いで
高収益をあげるというのがキヤノンの勝ちパターンです。

そんなキヤノンの好調さの源はどんなところにあるのか
ということで読んでみたのが上の本です。

キヤノンといえばセル生産が有名ですが
他にも色々やっていたようです。

基本的にはこれまでのキヤノンの人を大事にする伝統と
御手洗社長がアメリカで学んだことをうまいこと組み合わせたら
いいものできましたよ、見たいな感じですかね。
ラベル: canon
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。