2005年11月29日

経県値&経県マップ

こんなかんじになりました。

85点か…うーむ、まだまだやね。
見事に愛知を中心としているなぁ。

最北端が金沢で最南端が潮岬か…狭っ!
タグ:web
posted by つっくん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

菊川の夜景

仕事の都合で予定よりも早く浜松に帰ることになりました。
菊川ともあと少しでおさらばです。

菊川夜景


菊川中央公園から望む菊川市街地。
冬は空気が澄んで夜景がきれいですね。寒いケド。

菊川夜景


菊川市内を走る東名高速。
伸びる光線が美しいです。


住んでみるとなかなかよい町でした。
さようなら、菊川。
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

名古屋モーターショー

東京モーターショーは行く時間も金も無いので
近場で済まそうってことで名古屋モーターショーへ行ってきました。

初めのうちは、車をバシバシと撮影していたんですケド…

GT-Rコンセプト


これはGT-Rプロトタイプ。
名古屋でも注目を集めていました。

Concept-X


三菱のConcept-X。ランエボXのプロトかな?


でもそのうちコンパニオンばかり撮っちゃってました(汗

スズキ スイフトスーパー1600


ここはスズキブース。
誰一人として車なんか見ちゃいないね…

ちなみに後ろに写っているのはスイフトスーパー1600。
満を持してのJWRCへの投入も結局今シーズンは勝利することは出来ませんでした。



夢中で車(と女のコ)を撮影してたらメモリーカードがいっぱいになっちゃった。
ん〜、もう1枚くらいコンパクトフラッシュ買おうかなぁ…
posted by つっくん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名駅の動物たち

名古屋駅に寄る用事があったので
タワーズテラスを見てきました。

名駅


昼間のタワーズは動物たちでいっぱいでした。

夜のタワーズライツもよいけど昼間もよいねぇ。

名駅


これはトナカイです。
最初はウサギかと思ったんですが鼻が赤いんでトナカイかと。

名駅
タグ:名古屋
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

あんまきシティ

実家に帰る途中でなんとなく立ち寄った知立。

知立といえばここ、藤田屋です。

知立藤田屋


知立と言ったら藤田屋、藤田屋といったら知立的存在で
藤田屋の企業城下町として知立市が発展したといっても
過言ではないくらいです。(大ウソ)

そんな有名な藤田屋さんですが
実際に来店したのは初めてです。

大あんまき


これが名物の大あんまき。
他にもチーズあんまきなどが有名ですが行ったときにはすでに売り切れていました。
買占めですか。さすが知立っ子に大人気なだけあります。

大あんまきは一本140円。
なかなかお高いものですな。
タグ:お菓子
posted by つっくん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

スイフト、RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞

スイフトがRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

スイフトスポーツ

スズキ「スイフト」が2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞(スズキ公式)


いやー、ベストシックスが限界かと思いましたが
見事受賞できましたね。ばんざ〜い。

スズキ車としては'93のワゴンR以来、2度目の受賞になるそうです。

これで少しは知名度も上がるでしょうかね?

ワゴンRはその後スズキを代表する車へと成長していったので
スイフトも今後スズキの屋台骨を支える存在になっていく予感がしますね。
posted by つっくん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

タワーズライツ

すっかり名駅の冬の名物となった
セントラルタワーズのタワーズライツ。

今年は「星降る街で逢いましょう」と題して
夜空に輝く星座のイルミネーションです。

タワーズライツ


去年に引き続き、巨大LEDツリーが出現。
でも微妙に本数が増えてる…

タワーズライツ


テラスは光る散歩道のようになっています。
ここには人がいっぱいです!

タワーズライツ


そしてツリーの下には光に彩られた動物たちがいます。
これはくまです。くま。


せっかく久々に名駅に来たので前から撮ってみたかった写真を撮ってみました。

名駅前ターミナル


ヘッドランプがのび〜る写真です。
うーん、都会的ですな。
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

スイフト、日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Fun」受賞!

スイフトが2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞の「Most Fun」を受賞しました。

スイフトスポーツ


CAR OF THE YEAR JAPAN 2005-2006


2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされていた45車種のうち
一時選考である10ベストカーに選ばれていたのでもしや!?と思っていましたが
結局カー・オブ・ザ・イヤーは前評判どおりマツダロードスターに。

しかし、スイフトのような実用車で「Most Fun」賞を受賞しているのですから大したものです。
スイフトの楽しい走りが評価されたんでしょうか。

ちなみにインポート・カー・オブ・ザ・イヤーはBMW 3シリーズが
特別賞「Most Advanced Technology」はホンダ シビック/シビック・ハイブリッドが受賞。

最終選考の10台の得点は以下の通りでした。

1. マツダロードスター 447点
2. レクサスGS 309点
3. BMW 3シリーズ 212点
4. シビック/シビックハイブリッド 165点
5. スイフト 154点
6. シトロエン C4 63点
6. プジョー 407/407SW 63点
8. メルセデスベンツ Aクラス 36点
9. ノート 32点
10. アウトランダー 19点


ところでCOTYといえば日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)の主催する
RJCカー・オブ・ザ・イヤーでもスイフトはベストシックスに選ばれています。
しかもどうやら得票数1位で一時選考通過ですって!奥さん!

カー・オブ・ザ・イヤー
スズキ スイフト(同スポーツ) 69票
マツダ ロードスター 68票
三菱自 アウトランダー 65票
ホンダ シビック(同ハイブリッド) 票
日産 ノート 55票
レクサス IS 40票


むむっ!これはRJCカー・オブ・ザ・イヤー獲得も夢ではない!?
ってそんな簡単にはいかないか。
結果は週明けになる模様です。心して待て!


しかしカー・オブ・ザ・イヤーって何種類もあって分かりにくいですよね…
しかもどうやら昨年からさらに増えた模様。
その名は日本自動車殿堂カーオブザイヤー

今年はすでにホンダのシビックが受賞しています。

増やせばいいってものでもないと思うんですけどね…
posted by つっくん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

Nikon、充電池に不具合

ニコン、デジタル一眼レフ用充電池で不具合、無償交換へ (デジカメWacth)


>ニコンは8日、デジタル一眼レフカメラに同梱したリチウムイオン充電池「EN-EL3」の一部に
>発熱による変形や、発火の恐れがあると発表した。
>9日より対象製品の回収交換を受け付ける。

>対象のバッテリーは、D100、D70、D70s、D50で使用できる「EN-EL3」。
>そのうち、裏面の製造ロット番号が「44A-」、「46A-」、「47A-」、「48A-」、「49A-」
>「4AA-」、「4BA-」、「4CA-」で始まるものの一部となっている。


だそうです。使っている人はご注意!

とりあえず僕も3つあるD100用バッテリーをチェックしたところ
すべて対象外のロットのものでした。
ほっと一安心。


しかし、以前模造品を使用すると発熱や破裂、発火などの原因になるって注意しておいて
純正品でも同じじゃーん、と思ってしまいますね。


ニコン、同社製デジカメ用バッテリの模造品について警告 (デジカメWacth)


今回の不具合の具体的なロット番号は以下の通りとなっています。

続きを読む
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

行ってきました!大道芸W杯2005in静岡 〜その3〜

日曜日。前日は静岡に泊まってこの日も
大道芸ワールドカップを楽しもうという計画でしたが…

なにやら天候が怪しげ。
今にも降り出しそうな感じです。

やや不安におもいながらもこの日の一組目です。

シンビオス
SYMBIOSE (カナダ)

シンビオス


気の強そうな女性とそれに戸惑っている気弱な男。
でも男が少しそっけない素振りを見せると…
といったストーリー仕立てのアクロバットです。

そして最後は大技を決めて仲直り。

シンビオス


女性のツンデレっぷりがなかなかマニアックです。
そして二人はハネムーンへ。

シンビオス


新婚旅行のためにいっぱい投げ銭あげなきゃね。



デビット ラムゼイ
DAVID RAMSAY (アメリカ)

デビット ラムゼイ


次のデビット・ラムゼイを見始めるくらいから
ついに雨がぽつぽつと…

でも「スベル!スベル!」言いながらもしっかり観客を笑わせるところはさすがです。
ラムゼイのパフォーマンスはてんこ盛りなんですがテンポよく笑わせてくれるので
見てるとあっというまに時間が経ってしまいますね。

デビット ラムゼイ



シャルコフ ブラザーズ
SHARKOV BROTHERS (ロシア・ウクライナ)

シャルコフ ブラザーズ


せっかく昨年度チャンピオンのシャルコフ・ブラザーズの番だというのに
雨が本格的に降ってきてしまいました。

しかしそこはチャンピオン。
降りしきる雨の中、集まった観客の期待に応えてパフォーマンスをしてくれました!

シャルコフ ブラザーズ


雨だったのでそれほど派手な技は見れませんでしたが
それでもその素敵な筋肉の肉体から繰り出される技には
筋肉好きでなくとも唸らされるものがありました。



この後雨が強くなってパフォーマンスも中止が多くなったため
残念ながらここであきらめて帰ることに。

やはり大道芸は晴れた空の下で見たいものですね。
まぁこればっかりは仕方ないですが。

惜しむらくはチャンピオンを獲得したトリオ・チャーサールを見れなかったこと。
なんか毎年見てない人がチャンピオンになっているような…orz
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大道芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

行ってきました!大道芸W杯2005in静岡 〜その2〜

1日目の後半はこの陽気な3人組からです。

ユンゲ ユンゲ アンド デルーマー
JUNGE,JUNGE! UND DERROEMER (ドイツ)

ユンゲ ユンゲ アンド デルーマー


まずはユンゲユンゲのマジック、そしてデルーマーの腹話術、
最後に3人で帽子のようなものを使ったパフォーマンスと内容は盛りだくさん。

ユンゲ ユンゲ アンド デルーマー


彼らはこのワールドカップで銀賞を獲得!
ちなみにチャンピオンは見逃しました…



アン ジェンドルー
ANNE GENDREAU (カナダ)

アン ジェンドルー


次は常盤公園に移動してアン ジェンドルーのエアリアルを見ました。
最近のワールドカップではエアリアルに力を入れているのか
今年は2ケ所で計4組のエアリアルパフォーマンスが行われました。

アン ジェンドルー


このアン ジェンドルーのエアリアルは3本のロープを使った珍しいもの。
まるで空中であやとりをしているかのようでした。



ダンディ GO
DANDY GO (日本)

ダンディGO


今回静岡で見た唯一の日本人パフォーマー、ダンディGOです。
静岡ではもうおなじみですね。

フラフープのような輪っかを使ったパフォーマンスなんかもやってて
ちょっとドキっとしちゃいました。

ダンディGO



ベンチャ
BENCHA (オランダ・フィンランド)

ベンチャ


男1、女2の3人組でエアリアルをするパフォーマー、ベンチャです。
エアリアルだけでなく、歌や楽器の生演奏などを組み合わせたショーを見せてくれます。
なんだかえらく芸術的な感じです。

ベンチャ



ドリス アルセノプウロウ
DORICE ARSENOPOULOU (ドイツ)

ドリス アルセノプウロウ


続いて次もエアリアルを鑑賞。
こちらは女性的な官能的なエアリアルを披露してくれます。

さらに時間的にもうかなり暗くなってきていたので
特別に火を使ったパフォーマンスまで行ってくれました。

ドリス アルセノプウロウ



アバンティ ディスプレイ
AVANTI DISPLAY (イギリス)

アバンティ ディスプレイ


雨とともに現れるミスターラッキー(真ん中の人)を中心に展開されるストリートシアター。
なんとなくイギリスっぽい雰囲気を感じさせてくれます。
行ったことないけど。

なんだか外国のコントテレビ番組を見てるような感じ。
これでBGMに笑い声が入ったりするといいかも?



とりあえず初日の土曜日には計10組のパフォーマーを見ることが出来ました。
さて次の日の日曜日には何組見れるかな?

つづきはその3へ。
posted by つっくん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大道芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行ってきました!大道芸W杯2005in静岡 〜その1〜

行ってきました、大道芸ワールドカップ2005in静岡!
当日は少し寝坊したものの、11時の開始の30分ほど前に静岡入り。

大道芸ワールドカップ


この日の天気は格好の大道芸日和。
クラウンたちも嬉しそう♪


キム・チャンヘン
KIM CHANG HAENG (韓国)

キム・チャンヘン


まずはマシュー改めキム・チャンヘンです。
マシューくん、国籍が韓国だったのか!全然知らんかった!

テンポよくダンスを交えながらお得意のヨーヨーを始め
ディアボロ、ボール、クラブを次々と披露してくれやがりました。

キム・チャンヘン



クラウディウス シュペヒト
CLAUDIUS SPECHT (スイス)

クラウディウス・シュペヒト


次はメイン会場の駿府公園の方に移動して
ワールドカップ部門に出場しているパフォーマーを見ることにしました。

このクラウディウス シュペヒトはクラブとカップを専門にしているそうですが
そのスピードは目にもとまらぬほどの超高速です。

しかも速いだけではなく10個のカップを同時に中に投げてキャッチしたり
クラブにいたっては7本も操ったり!

見よ、7クラブ!

クラウディウス・シュペヒト


…一瞬じゃん!と突っ込みを入れたくなるほど
すぐ終わってしまいますが。まだ練習中なのかな?



ブルー トラバーユ
LES BLEUS DE TRAVAIL (フランス)

ブルートラバーユ


次もワールドカップ部門出場のパフォーマー、ブルートラバーユです。
アクロバットコメディとガイドブックにありますが
おフランスの笑いはちょっと僕には難しすぎたかな…

アクロバット自体は結構スゴイんですけどネ。

ブルートラバーユ



ヨーヘン シェル
JOCHEN SCHELL (ドイツ)

ヨーヘン シェル


今回、見るのを楽しみにしていたパフォーマーがこのヨーヘン シェルです。
パフォーマンス会場がちょっと遠い浅間通りというところにあったのですが
そちらまでわざわざ足を延ばした甲斐があったというものです。

独楽を使い、日本刀など和のテイストを盛り込んだ究極のバランス芸です。
この玉すだれとか、マジありえな〜い!

ヨーヘン シェル


場所が離れているせいか、なんだか観客がマニアックだなぁ…
と思ったらサークルの後輩がたくさんいたりしました。
こ、こいつら…



ダンボイ
DANBOY' (ドイツ)

ダンボイ


次はパントマイムのダンボイです。
パントマイムを見るときは想像力をフル回転させないといけませんな。
そうすれば見えないものも見えてきます…

いくつか見えないものも多かったケドね。テヘ。

ダンボイ



とりあえず1日目の前半はこんな感じでした。
つづきはその2で。
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大道芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

大道芸に適したデジカメ選び

いよいよ明日は大道芸ワールドカップを見に行きます。
天気も予報では晴れとなっているので楽しみです。
日曜日までもってくれるといいけど…


さて、大道芸といえば写真撮影ですが(?)
大道芸に適したデジカメ選びというものを僕の経験から紹介しましょう。

今回、大道芸ワールドカップに持っていくデジカメは
一眼レフのD100ではなくてOLYMPUSのC-2100UZを選びました。

だいたい大道芸のときはコイツを使っています。

大道芸に適したデジカメの条件としては…

・望遠に強い

静岡くらい規模の大きな大道芸では人垣の後ろから手を伸ばして撮ることも多く
そんなときはある程度の望遠が欲しいです。
だいたい最低でも200〜300mm以上ってところでしょうか?


・液晶を見ながら撮れる

一眼レフだとファインダーをのぞかないと撮れないのですが
レンズ一体型では液晶を見ながら撮れるので
手を伸ばして撮るなどといった時にかなり便利です。
できればバリアングル液晶なんかがモアベターですな。

・手ブレ補正or高感度

また晴れた日の屋外でのパフォーマンスは問題ないのですが
曇りの日や夕方になってきたり、屋内でのパフォーマンスを撮るときは
かなりシャッタースピードが遅くなり手ブレしがちになるので
手ブレ補正か高感度撮影機能が是非欲しいです。

人垣の後ろから手を伸ばして撮ったりといったように
しっかり構えて撮ることが出来ないことも多いので
帰って見たら手ブレ写真連発!ということになりやすいです。

さらにジャグリング系のパフォーマーの動きはかなり早くて
あまり静止してくれないので被写体ブレも気になります。
被写体ブレは手ブレ補正では防げないので
そんなときは高感度にしても画質が落ちない機種を使っているなら
感度を上げてシャッタースピードを稼ぐことで被写体ブレを減らすことが出来ます。


以上のポイントから現在オススメのデジカメを紹介すると…



35〜420mm相当の光学12倍ズームに加え、手ブレ補正機能も搭載!
液晶は2.0型23.5万画素のバリアングル液晶!

前モデルの通しF2.8に比べればテレ端がやや暗いですが
それでもテレ端F3.7とそこそこ明るいのもグッド!




28〜300mm相当の10.7倍ズームに
背後には1.8型11.8万画素上下マルチアングル液晶搭載。
広角が28mmからスタートなので様々なシーンに対応できそう。

手ブレ補正はついていないが最高ISO1600まで増感可能。
ただし同じフジのF10ほど高感度における画質がよくないのであまり過信は禁物。
posted by つっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大道芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ヒデキ、カンレキ!!

蝶、サイコーなティッカーを教えてもらったので
さっそく貼り付けてみました。

そうか、秀樹ももう60近いのか…
と思ったらまだ10年近くあるし!

秀樹が還暦を迎えるまでこの日記があるとは思えませんが。


ちなみにうちの死んだおじいちゃんの名前もヒデキ。

おじいちゃんが還暦を迎えたときに言ってあげたかった…
ヒデキ、カンレキ!と…
タグ:web
posted by つっくん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nikon D200発表

ついに発表されました。Nikon D200。

Nikon D200
ニコン、プロ/ハイアマ向けデジタル一眼レフ「D200」


ボディがマグネ合金の防塵・防滴となるなど
位置づけ的にD100よりもかなり上級にシフトした感じ。

それでいて予想価格は20万前後。
性能を考えるとかなりお安いのでは?買えないけど。

他は連写が秒間5コマ、非圧縮RAWで22コマまでとかなり強力に。
D100ではRAWを使うと連写が厳しいのでこれはかなりうらやましい!

また使用できるバッテリーがID認証機能がついた「EN-EL3e」となり
本体でニコン純正のEN-EL3eであることを確認しなければ使えない仕様に。

模造バッテリーへの対策がこんな形に…
かなり問題になっていたためしかたないのかもしれませんが
今までのD100などのバッテリが使えない(逆はOK)のは
ニコンユーザーの買い替えに少し不利に働くのでは…

僕なんかD100用のバッテリー、4コもあるのに!(サードパーティー製含む)

発売はニコンにしては珍しく発表してから比較的早げな12/16です。
冬商戦の目玉となれるのか!?



個人的には同時に発表になったレンズ
AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
がかなりアツイです。

AF-S DX VR ZoomNikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
ニコン、11倍ズームレンズ「AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)」

VR(手ブレ補正)付きの高倍率ズームで様々なシーンに対応できそうなレンズです。
値段は実売で8〜9万ってところでしょうか?

発売はD200と同様12/16です。

ふむボーナス時期だネ。やばい、物欲がふつふつと…
posted by つっくん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。