2010年04月24日

チャイルドシート リーマン ソシエ

娘を連れて静岡の自宅⇔愛知の嫁の実家と車で移動する機会が多いのですが
車の移動に欠かせないのがチャイルドシートです。

リーマン ソシエ


チャイルドシートを選ぶ際に色々と検討したのですが
(チャイルドシート選びCombi編/TAKATA編/他メーカー編など)
重視したのは取り付け・外しの簡単さでした。

ということでチョイスしたのがリーマンのソシエ。
非常に軽量で女性でも取り付けが簡単にできるのでとても助かっています。

リーマン ソシエ


やり方はメーカーのサイトに簡単に載っていますが
慣れればすぐに取り付け・外しが出来ちゃいます。

リーマン ソシエ


まずは後部座席に後ろ向きに載せます。
チャイルドシートの取り付け位置は基本自由なのですが優先順位としては

1. 後部中央席
2. 後部左右席
3. 助手席

と言われているようです。
助手席よりも後部席が優先となっているのは
統計的に前席乗員よりも後席乗員の方が死亡・重傷率が低いためです。
後部中央席が後部左右席よりも理想とされるのは
中央席はあらゆる方向からの衝突に対して生存空間が確保されやすいためです。

ただ中央席の場合、車の座席の形状等の影響で
チャイルドシートの安全な固定が困難な場合が多いので注意が必要です。
スイフトスポーツの場合も中央は3点式シートベルトではないので
後部の左側をチャイルドシートの指定席にしています。

なお助手席に取り付ける場合、エアバッグの装備された助手席に
チャイルドシートを後ろ向きに取り付けることは厳禁です。
万一エアバッグが作動した場合、重大な障害のおそれがあるためです。

リーマン ソシエ


次にシートベルトを引き出してチャイルドシートの反対側まで通します。
このときにベルトを最後まで引き出さないようにしておくのがポイント。

リーマン ソシエ


反対側まで通したら確実にバックルにはまっているのを確認。

リーマン ソシエ


スイフトスポーツの後部座席はお世辞にも広いとは言えないので
狭い中での作業となるため結構大変(^-^;
助手席はかなり前のほうまでずらしてあります。

リーマン ソシエ


通したベルトをシートのベルト固定部(オレンジの部分)にはさみ
上部についたフック(青い部分)に引っ掛けます。

リーマン ソシエ


このオレンジのベルト固定部に挟む際にベルトぐいぐいと引っ張って
ガタが無いように気をつける必要があります。

リーマン ソシエ


ここまで出来たらベルトを全て引っ張り出します。
大抵の車の後部座席のシートベルトはチャイルドシート固定のため
全てベルトを引っ張り出すと巻き取り方向にのみ動きそれ以上引き出せなくなる
チャイルドシート固定機能付きELR(ALR/ELR)という方式になっています。
こうすることでチャイルドシートをしっかりと固定させることが可能となりますので
この作業は必ず行ってください。

ちなみにチャイルドシート固定モードの解除は、ベルトを一旦バックルから解除し
ある程度巻き取らせると固定モードが解除されます。

リーマン ソシエ


最後に付属の角度チェックシートを使って正しい角度にセットされていることを確認。
私の購入したベビーザらスオリジナルモデルは
このシートでチェックしなければいけないのですが
通常のモデルは本体に角度チェック窓が取り付けられているため
もっと簡単にチェックが出来るようです。

間違った方法で取り付けられていると本来の安全性が損なわれるため
しっかりと正しい方法で取り付けることが大切です。
やり方はやはり買う前に販売店で教えてもらい
可能ならば試しに自分で一度取り付けてみるといいですね。

菊川へ


娘もこのソシエを気に入ってくれているのか車での移動時はいつもぐっすり。
ベビーカーと並んで寝かしつけ2大アイテムとなっています。




ラベル:育児
posted by つっくん at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。