2010年01月24日

チャイルドシート選び(TAKATA編)

TAKATA

自動車のシートベルトメーカーであるタカタも
チャイルドシートを作っています。

チャイルドシート選び


takata04シリーズという名で幅広くラインナップしています。
ママ楽ハンドルと同社が呼ぶ確実に固定するための機構が特徴。
同社のシートはすべて固定式のイス型で回転機構は無いのですが
上位機種はベース部がゴツいため重量が10kgを超えるので注意。

takata 04-smartfix LS
TAKATA
固定式 (10.5kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
ECE R44/04 ヨーロッパ基準


takata 04-smartfix
TAKATA
固定式 (10.4kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
ECE R44/04 ヨーロッパ基準


takata 04-neo premium
TAKATA
固定式 (10.4kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
国土交通省装置型式指定基準


takata 04-neo
TAKATA
固定式 (10.0kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
国土交通省装置型式指定基準


takata 04-system6.0
TAKATA
固定式 (8.5kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
国土交通省装置型式指定基準


takata 04-system4.0
TAKATA
固定式 (6.1kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
ECE R44/04 ヨーロッパ基準


takata 04-system3.0
TAKATA
固定式 (5.5kg)
対象年齢:新生児〜4才頃 (体重18Kg未満)
国土交通省装置型式指定基準



最上位機種のsmartfix LS/smartfixは乳児モード、幼児モードの両方に
ママ楽ハンドルが搭載されておりガッチリ確実な取付が可能です。
新基準ECE R44/04にも適合しており見るからに強固で安心感がありますね。
まさに漢のチャイルドシート。

neoにもママ楽ハンドルが搭載されていますが
進行方向に向けて正面を向いて座る幼児モード時のみです。
しかしチャイルドシートアセスメントにおいて乳児・幼児両モードで
“優”の評価を獲得したことから人気が出たモデルとなっています。
現在はクッションを改良したpremiumモデルと
スタンダード版のsystem6.0も登場しています。

ただし新基準には適合しておらず
現行の国土交通省装置型式指定基準適合となっています。

system4.0とsystem3.0はいたって普通のイス型固定式チャイルドシートです。
ママ楽ハンドルなどは付いていない分他のシートに比べて軽いのが特徴です。


ラベル:育児 赤ちゃん
posted by つっくん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は先日smartfixを購入しました。
チャイルドシートアセスメントが気になってたのですが、「ダブル優」を獲得しましたね。
良かった〜。
Posted by backflip at 2011年04月21日 08:08
>backflipさん
こんにちは、backflipさん。
TAKATAのチャイルドシートはガッチリと固定できるので高い安全性で人気がありますよね。
重いので頻繁に取り外しを行うのでなければいい選択だと思います。

我が家では実家の車に移動させたりする機会が多いかな?と思い
移動に便利な比較的軽量なタイプを選んだのですが
結局ほとんど取り外しはしていませんね…
Posted by つっくん at 2011年04月21日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。