2006年11月07日

Trio Csaszar(トリオ チャーサール)

Trio Csaszar(トリオ チャーサール)
ハンガリー・アメリカ:男2名 女1名

トリオ チャーサール


3日に最初に見たのは昨年度のワールドカップチャンピオン、トリオ チャーサールです。
ワールドカップチャンピオンは翌年招待されてから見る、これが通の見方です(←大嘘)

このトリオ チャーサールは筋肉マッチョコンビ+女性1名の三人組。
体格を見るだけでアクロバット系であることが容易に想像できます。

最初はマッチョコンビのジャグリングからスタートです。

トリオ チャーサール


輪っかやクラブを華麗に操り、ただのマッチョでは無いことを感じさせます。
実際流れるようなクラブさばきや安定したパスはなかなか上手でした。

後半は女性を加えてのアクロバット。

トリオ チャーサール


ムキムキの筋肉がただの飾りではないことをこれでもか!と見せ付けられます。
まさに筋肉が芸術へと昇華する瞬間!

トリオ チャーサール


そして昨年見事チャンピオンの座を射止めた技がこのスプリングボードを使った空中技。
シーソーのようなものを使ってありえない高さまで飛び上がり、キャッチ&リリース!
いや、リリースはしませんが。

去年はどのような演技内容だったのか知らないのですが
さすがは昨年の覇者とも言えるパフォーマンスでした。


posted by つっくん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 大道芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年観たとき兄貴の方の肩周り(とゆうか上半身?)のデカイのに驚きました。
飛んでくる女性を肩で受け止めるので必然的に大きくなったのかなぁ・・・なんてどうでもいいことを思ったりしました。
肝心のパフォーマンスは、わかりやすくて「観た」という満足感も得られよかったです。
Posted by ひろみ at 2006年12月14日 20:57
チャンピオンはアクロバット系の人が多いので
やはり人は筋肉に憧憬を抱くことがよく分かります。
でもこの人たち、ジャグリングもかなり上手なんですよね〜

ところで男性二人は実は兄弟だったんですねぇ。
まったく知りませんでした…

Posted by つっくん at 2006年12月15日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。