2007年08月02日

FinePixS5ProでリモートコードMC-30を使ってみる

花火撮影で欠かせないのが三脚とリモートコード。
(リモートコードとは遠隔操作でシャッターを押せるコードのこと)

花火撮影では花火が上がり初めてから開ききるまで
ずっとシャッターを開けっ放しにしておく必要があるので
シャッタースピードをバルブにセットして
花火が上がるタイミングにあわせてシャッターを押しっぱなしにしないといけません。

リモートコードが無くても気合でシャッターを押し続けることで撮れますが
手ブレさせないように押し続けるのは至難の業。
これがあるとないとでは、撮影の成功率と疲労度が天と地ほど違います。

リモートコード MC-30


FinePixS5Pro用のリモートコードとしては
ニコンのリモートコード MC-30が使用可能であると富士フイルムから
正式にアナウンスされています。

MC-30はF6・F5・F100・F90X・F90・D2シリーズ・D1シリーズ・D200用ということなので
D200のボディを使用しているS5Proでも当然使えるというわけです。

接続する場所は左肩にある10ピンターミナルに接続します。

リモートコード MC-30


問題なく動作したので一安心です。
(取説に使用可能と書いてあったので大丈夫だと思ってましたが…)

このリモートコード、長さが80cmもあるので寝ながらでもシャッターを切れます。
ロック機能もありますので、長時間撮影にも安心となっていますが
花火撮影では特に使用はしません。
必要になるのは星を撮影したりするときですね。

リモートコード MC-30


少し前まではネットなどで探してみてもどこのお店も売り切れ・取り寄せばかりでした。
やはり花火撮影用のニーズが高いのか、初夏にどーんと売れるようですね。

でもAmazonで今見てみたら在庫ありになってる!
ちょっとタイミング遅いってばヨ!





しかしこのMC-30、作りはすこしちゃっちぃ…
定価6,000円もするものとは思えないなぁ。

D100用に使ってた定価1,000円のAR-3 ケーブルレリーズの方が高級感あったぞぃ。
(こちらは電気的な部品は一切ないため安いのは当たり前なんですが…)



posted by つっくん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
ウチのお客様ではこちらのHPはプロのカメラマンのHpで通っています。しかし雑誌とかの花火の写真と比較しても遜色ないですね。
花火は行きたいものの休みの月曜とか火曜はなかなかないので残念です。
Posted by 立石の星 at 2007年08月03日 19:06
土日お仕事だとなかなか難しいですね。
花火大会は土日がほとんどですから…

八開の近くだと、尾西で行われる濃尾大花火がオススメですね。
5000発と数は少ないですが20号玉というとてつもなくでかいのが上がります。
今年は…8/14ですね。お盆真っ只中ですが私はその日仕事です(涙

高校野球もいよいよ甲子園開幕。
メイデンには今年こそ一勝を期待したいものです。
Posted by つっくん at 2007年08月03日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Nikon AR-3 ケーブルレリーズ
Excerpt: Nikon AR-3 ケーブルレリーズ
Weblog: きのこ取り名人わおわまーるストア
Tracked: 2009-05-25 21:42

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。