2005年09月06日

トヨタに学べ

トヨタ関連の本は世の中に無数にあります。
それだけ好業績をあげ続けるトヨタという会社に皆が興味をもっているということなのでしょう。
僕もその一人ですが。

そんなたくさんあるトヨタ本の中で今回は2冊ほど紹介します。

まずはトヨタを支えるトヨタ生産方式、
そのトヨタ生産方式の生みの親である大野耐一氏が自ら書いたこの本。

トヨタ生産方式
大野耐一著
ダイヤモンド社 (1980)
通常24時間以内に発送します。



初版発行はなんと昭和53年!
僕の生まれる前だったりしますが、今だに増版されて新品で手に入るというすごい本です。

かなり古いですがすでに
「なぜを5回繰り返す」「かんばん」「平準化」
などトヨタ生産方式のキーワードはこの本によって述べられていて
その内容は今読んでも十分通用するものが多いです。

他のトヨタ生産方式について書いた本を読むのもいいですが
基本的なことはこの本に書いてあることの受け売りなので
まずはこの本を読んでみるのをお勧めします。


トヨタ生産方式の生みの親が自らの思いを熱く綴ったもので
まさに一読の価値あり、といえるでしょう。



トヨタモデル
阿部和義著
講談社 (2005.6)
通常2〜3日以内に発送します。



筆者は元・新聞記者で現在経済ジャーナリスト。
新聞記者らしい視点からトヨタを語っている点が面白い本です。

トヨタの黎明期から現在までの変遷や豊田家とトヨタとの関わり
トヨタと財界などなど様々な角度からトヨタについて述べています。

また好業績でも賃上げを要求しない労働組合や
頻発する過労死などの問題も取り上げている点はさすが元新聞記者という感じです。

基本的にはトヨタという会社はどんな会社か?ということを知るのには
手っ取り早い入門書となると思います。

ただしトヨタ流の考え方などを学ぶにはあまり適さないです。


ちなみにこの本で印象的だった文章は…

東大工学部を出て入社し、一生、バネの研究だけに専念するような、そんな技術者がトヨタには大勢いる。


うひゃー、マジでか!
プロフェッショナル集団、それがトヨタという会社です。


ラベル: トヨタ
posted by つっくん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

働きマン
Excerpt: ヴィレッジ・ヴァンガード、オススメ。 ダ・ヴィンチ、オススメ。 だったので買ってみました。三洋堂で。 "働く"とは何か。 最近、人生の路頭に迷っている僕の道標の 一つになってくれる本だと良いんで..
Weblog: 電子REN-JI
Tracked: 2005-09-06 23:52

閉鎖的風土が強さの源泉か  阿部和義 『トヨタモデル』
Excerpt: 阿部 和義 トヨタモデル トヨタ自動車の歴史、現在の状況、そして今後の展開について、経済ジャーナリストが、多くの資料と取材を駆使して広く浅くまとめた本。 絶好調のトヨタ自動車につ..
Weblog: 買った 読んだ 書いた! 読書ジャンキー のり太がゆく
Tracked: 2005-10-13 08:34

トヨタ生産方式 ??脱規模の経営を目指して :大野耐一
Excerpt: 大野 耐一 トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして トヨタ生産方式 の生みの親、元トヨタ自動車工業副社長大野耐一氏 の著書。 先日、記事(トヨタ生産方式) に書いたように..
Weblog: 一日一よい言葉
Tracked: 2006-08-30 14:33

『トヨタモデル』阿部和義(講談社)
Excerpt:  2007年第一四半期においてGMを上回り、販売台数が世界1位となったトヨタ。その成功の秘訣に迫る1冊。
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-05-25 10:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。