2008年01月19日

シャカリキ!

シャカリキ! (1)
曽田 正人
小学館 (2006-06)




ロードレースを題材にした漫画といえばマガジンで連載中で
アニメ化もされた「Over Drive」が(たぶん)有名だと思うのですが
これよりもずっと前に「自転車乗りのバイブル」と呼ばれる熱いロードレース漫画がありました。
それがこの「シャカリキ!」です。

capeta」や「め組の大吾」の作者として知られる曽田正人さんの出世作で
曽田作品に共通の熱い主人公が魅力です。

坂にはめっぽう強い「坂バカ」の主人公、テルがロードレースで
次々と現れる強敵と闘うというストーリーで
歯をくいしばって坂道を抜きつ抜かれつのバトルが延々と続きますが
飽きることなく一気に読めてしまうスピード感があります。
というか読み始めると止まらなくなってしまうので注意が必要。
私はこれで休日を一日潰しました(笑

特に物語後半のツール・ド・おきなわの戦いは
序盤〜中盤〜終盤で常にバトっていまして
熱い熱いストーリー展開が楽しめます。

自転車を本格的に初めて1年もたたない主人公が
実業団のトッププロや大学生と互角に戦うというのはいかにも漫画チックなのですが
この熱い物語の前には些細なことですね。

この作品がきっかけで自転車にはまった人も多いらしく
ロードレース選手の中にもこの作品の愛読者がいるらしいです。

まさに「読むと自転車に乗りたくなる」漫画。
自転車スキーの人には間違いなくオススメ!
そうでない人にもこれを読むと気絶して
気がついたら20マソくらいの自転車買ってても不思議ではないです(笑
くれぐれも気をつけてくださいね。
タグ: 漫画
posted by つっくん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 シャカリキ!ですか。
ロードに憧れたなら見てる漫画の1つですよね。
今、曽田センセがカペタ描いてる月刊少年マガジンで
バイキングスって自転車漫画が載ってます。

 シャカリキ!読むと坂に挑みたくなりますよね。重いギアで。
ペダル・ギア・チェーン・クランクなどの寿命を縮めるんですが、
火がつくと止まらないって感じで(w
Posted by 達磨 at 2008年01月20日 00:53
年始に全18巻を先輩から借りて(強奪して?)
一気に読んでしまいました。

坂は嫌いだったんですがこれを読んで
坂に挑みたくなるのってのは誰でも同じようですね…
実際に登ると多分すぐ嫌になると思われますが(笑
Posted by つっくん at 2008年01月21日 00:01
特に自転車好きでない人間でも、
この漫画読んだ後は坂に挑みますから(笑)
テニスセンター前の・・・
Posted by たけぞう at 2008年01月21日 09:16
おぉ、東山のラルプ・デュエズですね(笑
あそこはなかなかえげつないアップダウンですからね〜
挑みがいがありそうです。
Posted by つっくん at 2008年01月21日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79555841

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。